病理医の1日の業務の流れは?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の1日の業務の流れは?

病理医の1日の業務の流れは?

病理医は、主に組織診断・術中迅速診断・細胞診断・病理解剖の4つの仕事を行います。病院によって1日の業務の流れは多少異なりますが、基本的に標本を作るには早くても1日はかかるといわれています。

細胞診断では、たん・尿・胸水・腹水などにがん細胞や疾患がないか顕微鏡で検査します。細胞診断では体液で診断する場合と子宮頸部から細胞を採取する方法の大きく2つのやり方があり、子宮頸部から採取する場合は子宮がん検診のときに行います。このとき、口腔・乳房・肺などにしこりがあると細い針で吸引し病変を診断します。そして、細胞診材料から追加検討(遺伝子や免疫染色など)を行う場合もあります。続いて病理診断では、生検と手術標本を診断しますが、組織では検体採取→固定→切り出し→パラフィンブロック作製→薄切→脱パラ→染色→封入→検鏡の順に行うことになります。

細胞では、検体採取→塗抹・固定→染色→封入→検鏡の順に行います。術中迅速診断では、「術中細胞診」「術中迅速診断」の2つを行い、前者では胸水・腹水・洗浄液などの体腔液、肺(FNAC)や胆汁など腫瘍の良悪性、肺の部分切除などを診断します。一方術中迅速診断では、断端・腫瘍の良悪性・転移の有無・非腫瘍部の評価などを診断します。そして最後に、病理解剖です。亡くなった患者さんの治療検証や組織バンク、病態の解明や病変の広がり、治療効果などはすべて病理解剖で行うことになります。また全身系統的な病理所見をまとめるのも大切な業務のひとつです。

組織や細胞の採取を臨床医が行い、そのあとの検体を診断するのが病理医の主な業務になります。そのため、採取に関しては外科や内科、産婦人科などが行うことになるでしょう。あくまで、病理医は採取された細胞や組織を肉眼および顕微鏡を使って検体することになります。ですから、病理医は臨床医との連係も重要になってくるでしょう。そして連係を確実にするために呼吸器疾患カンファレンス・消化器疾患カンファレンス・乳腺カンファレンス・肝疾患カンファレンス・CPC(臨床病理カンファレンス)などの病理診断科と各科の検討会も行われています。

これらの業務を、少人数体制で行っているのが病理医です。少人数体制なのは病理医不足が関係していますが、少ない人数で患者さんの治療方針を細部まで診断し決定します。そのため、非常にやりがいを感じることができるでしょう。より詳しい業務の流れは、病理医がいる各病院にて確認してみてください。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.