病理医の採用基準は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の採用基準は?

病理医の採用基準は?

病理医の採用基準は、病理医に適したスキルがあるか、また向き・不向きなどが挙げられます。病理医として働くには、医師免許を取得していることはもちろんですが臨床研修と専門医研修をクリアしなければいけません。そのため、病理医の求人に応募するということはそれなりのスキルがあることになるでしょう。もちろん、病理医としての資格を取得していれば応募できますが、病院によっては他の資格を要するところもあり、そういったところでは病理医の資格を持っているだけでは残念ながら採用されません。分かりやすいのが死体解剖資格です。その名のとおり死体解剖のための資格で、病理医の求人の中にはこの資格を必須とするところもあります。このように、採用基準は求人を募集している病院によって異なりますが、基本的に医師免許と病理医資格を取得していれば採用条件はクリアしていることになるでしょう。

病理医の求人は、専門医機構または日本病理学会のホームページにて掲載されます。他にも転職サイトや病理科を有している各病院でも募集されるでしょう。日本病理学会のホームページでは、求人の詳細は会員登録が必要になる場合がありますので病理医を目指している方は登録しておくと安心です。採用基準は、前述したとおり募集している場所によって異なるため必ずこの採用基準でなければいけないということはありません。たとえば、日本病理学会では「5年以上の病理経験がある」「死体解剖資格有している」などが主に挙げられます。後者に関しては先ほども説明しましたが、病理医の資格を取得していても死体解剖資格がなければ応募できません。また病理経験も5年以下なら応募不可能でしょう。この求人には、病理経験を証明する大学病理学教室などの推薦状提出も必須となっています。病理専門医・細胞診専門医の資格を有していれば採用率も上がります。しかし他の求人を見てみると、「病理専門医の資格を有している」だけで採用になるところもあります。さらに経験不問のところもありますので、いろんな求人の採用基準を比較しながら自分に合ったところを選ぶと良いでしょう。

一般的な採用基準は、「病理医の資格を有している」「病理経験が5年以上ある」こと。そもそも、病理医は資格がなければ病理医として採用されません。また年齢も重要です。40歳以下としているところが多いですので、転職を希望なら40歳までに行うと成功しやすいでしょう。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.