病理医の30代での転職事情は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の30代での転職事情は?

病理医の30代での転職事情は?

病理医の転職平均年齢は50歳以上といわれています。これは、他の医師に比べると高く、病理医の資格があれば定年を過ぎている年齢でも活躍できるということです。ですから、30代の転職は非常に需要が高いといえるでしょう。30代は、卒業後7年程度経過しています。病理医としての専門性も高く、キャリアアップももっとも多い年齢。そのため、どの病院でも比較的歓迎されるでしょう。むしろ、病理医に限らず30代は医師にとって重宝されやすい年齢になります。ですから、どの診療科であっても30代は転職しやすいといえます。

冒頭で転職の平均年齢は50代以上といいましたが、実際求人を見てみると40歳以下ばかりです。もちろん50代以降でも活躍している病理医はいますから、転職しようと思えば十分可能ですが、歓迎される年齢化と言ったら残念ながらそうでもありません。むしろ30代のほうが、転職にもっとも適した年齢といえます。そのため、「歓迎材料」「売り手市場」といわれているのでしょう。求人の数も圧倒的に多いですし、選択肢も幅広いのでメリットになるといっても過言ではありません。ただ気をつけたいのが、「安易に転職してしまう」ことです。30代は、医師に限らずどの企業も転職に適しており、またキャリアアップのために転職を希望する方が多くいます。そのため、軽い気持ちで転職し、「合わなかったらまた転職したらいい」と考える人が少なくありません。短期間で転職を繰り返すということは、もちろん採用に大きく響くことになります。特に病理医のように特殊な職種の場合、安易な気持ちで転職してしまうと大きな失敗を犯してしまう恐れがあります。正しい診断と治療方針が必要になる職種だからこそ、安易な気持ちで転職することだけは絶対に避けましょう。

病理医という特殊性をしっかり理解していれば、30代という売り手市場は採用で非常に有利になります。そして、向上心を持ち、常にいろんなことを学ぶ姿勢で仕事に挑むようにしましょう。そうすれば、30代で病理医という特別な仕事で成功できるはずです。

ちなみに、年収は、30〜34歳で平均1053.0万円、35〜39歳で1201.5万円。同じ30代でも、前半と後半では100万円以上の差があります。病理医全体の平均年収は1000万円〜1200万円といわれていますから、ある程度経験を積んだ30代後半のほうが稼ぎやすいといえるでしょう。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.