病理医の40代での転職事情は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の40代での転職事情は?

病理医の40代での転職事情は?

医師の最盛期は40代です。病理医の求人を見ても、40歳以下を募集しているところが多く需要はあるといえるでしょう。というのも、40代は医師としての経験や知識が豊富にある方が多いからです。また体力もまだまだありますから、転職には十分可能な年齢といえます。そもそも、病理医の転職平均年齢が50代以上。それを考えると、40代は歓迎される年齢といっても良いかもしれません。ただ、40代の転職は“なぜ転職をしたいと思ったのか”という理由を明確にしておく必要があります。医師で若手といわれるのは30代まで。40代以降はベテランの域に突入しますから、特に理由もなく転職するとなると不採用になりやすいからです。年齢が上がるほど採用の窓口は狭くなりますが、それは病理医でも同様です。そして、求人の数も40代を境に減っていきます。

とはいえ、ご存知のとおり病理医は人手不足。もっとも少ないといわれている小児科医や婦人科医よりも少ない約2000人ですから、病理医の資格を持っているというだけで年齢問わず重宝されるのが現状です。求人は減ってくるものの、40代以上でも決して需要は低くありません。先にも述べたように、むしろ歓迎される可能性は高いでしょう。そのため、なかには「年齢不問」の求人も存在します。病理医の資格を持っていれば、何歳でも転職できるのが病理医といえるのかもしれません。ただし、病理医の資格を持っていない方は不利になります。40代の転職は、あくまで“病理医の資格を持っている”こと、“病理医としての経験がある”こと。実際、年齢不問でも経験者を優遇しているところが多いですから、これから病理医を目指すという方は難易度が高くなるかもしれません。研修医の募集でも、やはり40歳以下がほとんど。ですから、病理医としての経験があり、キャリアアップを考えている40代であれば求人の数は少ないながらも比較的容易になるといっても良いでしょう。

40代で喜ばれるのは、“数多くの症例に出会っている”ことです。大学附属病院や公立病院などに長く在籍している場合、やはり知識や経験は20代や30代の医師よりもたくさんあります。そして、症例の数も多いでしょう。そのため民間病院からの評価は高い傾向にあります。交渉次第で柔軟に対応してもらえる可能性もありますから、諦めずに挑戦してみてください。病理医が不足しているからこそ、40代でも転職できる可能性は十分高いでしょう。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.