病理医の50代での転職事情は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の50代での転職事情は?

病理医の50代での転職事情は?

病理医の転職は50代でも可能です。というのも、病理医の平均年齢が50代以上。転職なら30代や40代が有利になりますが、実際活躍しているのは50代以上といいますから、この年代でも転職は十分可能ということになります。多少のリスクはあるものの、人手不足が深刻な病理医なら受け入れてもらえるでしょう。また、病理医は定年後も継続雇用されやすい職種といわれています。そのため、継続雇用されるケースも多く安心して働くことができます。そのくらい、病理医は中高年の転職でメリットになる職種なのです。ですから、ぜひチャレンジしてみてください。

ただ、50代の病理医が転職を成功させるためにはあるポイントがあります。それは、「コミュニケーション能力」です。「病理医は直接患者さんと関わることがないのにコミュニケーション能力が必要なの?」と疑問に思うかもしれませんが、丸一日会話なしで過ごすわけではありません。また気難しい中高年より、柔軟性があるほうがやはり有利になります。そのためには、たとえ病理医でもコミュニケーション能力は高いほうが採用率は上がるでしょう。とはいえ、コミュニケーション能力が低いからといって転職できないわけではありません。あくまで転職に成功しやすいというだけですので、病理医のような専門医はそれよりも高度な知識や技能を持っているほうが採用されやすくなります。50代になると症例の数も重要になってくるでしょう。

では、給与・年収はどうでしょうか?50代といっても、50〜54歳と55〜59歳では違います。50代前半であれば、平均年収は1620.0万円。50代後半は1552.5万円となります。給与も、50代前半は101万円なのに対し50代後半は100万円以下(97万円)となり50代前半のほうが給与・年収ともに高い傾向にあるでしょう。あくまで平均ですので病院や地域によって異なりますが、病理医全体の平均年収が1000万円〜1200万円なことを考えると平均以上の稼ぎになる可能性が高くなります。それは、病理医としての経験が大きく関係しているのでしょう。

50代は経験も豊富です。人手不足な病理医にとって、経験値の高い50代は歓迎されます。経験を活かし、地域医療に貢献することもできるでしょう。ただ50代になると仕事とプライベートのバランスを重視する方が増えてきます。そのへんも考えて転職活動をすると失敗しにくくなります。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.