病理医の給料・年収は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の給料・年収は?

病理医の給料・年収は?

病理医をテーマにした「フライジャイル」や女優の芦田愛菜ちゃんが番組で将来病理医になりたいといっていたことから、病理医の知名度も高くなっています。しかしその反面、病理医の数は不足しており地域によっては一桁しかいないという深刻なところも存在します。そんな病理医の給料・年収はどうなっているのでしょうか?数が不足しているということは、給料・年収にも関係しているのかもしれません。

まず、病理医の平均年収を見てみましょう。地域や医療機関の差はありますが、平均年収は約1,300万円。求人を見てみると、1,200万円〜1,800万円のところが多い傾向にあります。なかには年収2,000万円のところもありますが、特殊なケースでしょう。しかし、高年収を目指すことは十分可能ですので、頑張り次第で給料・年収アップも期待できます。ただ、最初から年収1.000万円以上を提示している求人は少ないため、転職してすぐに高年収を得ることは難しいでしょう。また経験や能力などが問われますから、病理医としてのキャリアがある方は最初から考慮されます。

では、地域別ではどうでしょうか?前述したように、病理医は地域差があります。そのため、不足しているところは極端に少なく、一桁のところも存在します。そのため、給料年収にも差が出てきます。もっとも年収が高い地域は、北海道・東北。関東は病理医の数は他県より多いものの年収は決して高くないようです。とはいえ、年収が高い地域でも病理医不足が深刻になっていることから一人あたりの業務量は多くなる可能性が高いでしょう。そのため、給料・年収が高いからといって働きやすいかといったらそうではありません。その辺も考慮して求人を探す必要があります。

では、他の科目に比べると病理医の給料・年収はどうなのでしょうか?厚生労働省の調査によると、平均年収は1,098万円。この金額は、平成27年度のものになります。一般内科では約1,200万円〜1,500万円、一般外科では約1,200万円が平均といわれていますから、それに比べると病理医は他の科目に比べると低くなるでしょう。全診療科の平均でも1,300万円〜1,500万円というデータが出ていますから、病理医の給料・年収は決して高いとはいえません。ただ前述したようになかには2,000万円以上を提示している求人もありますし、経験や能力に応じて昇給するケースも少なくありません。特に地方都市の場合、2,000万円近い求人も存在しますので、「病理医は他の科目より給料や年収が低い」とは断定できないでしょう。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.