病理医は不足している?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医は不足している?

病理医は不足している?

現在、病理医が不足しているのは知っていますか?2015年9月1日現在では、2319名程度です。医師全体で30万人程度いるといわれていますから、それを考えると異常に病理医が少ないことが分かります。医師不足といえば小児科医や婦人科医などが挙げられますが、これらの医師よりもさらに少ないのが病理医です。地域差もありますが、ほとんどの地域は大きい病院に1〜2人程度しか病理医がいませんから、深刻な状況といえるでしょう。

では、病理医が不足するとどんなことが起こるのでしょうか?病理医が不足し深刻化しているといっても、不足することでどういった状況になるのか理解していないと深刻化の意味も理解できません。病理医が不足するということは、組織診断や細胞診断までの時間が延長され、適切な医療ができなくなってしまうことになります。病理医は組織診断・術中迅速診断・細胞診断・病理解剖など主に4つの仕事をこなしますが、前述したとおり組織診断や細胞診断のターンオーバータイム、術中迅速診断の制限による手術数の減少など、患者さんに適切な治療を受けさせることができなくなってしまいます。また適切な時期に治療ができないことから、症状が深刻化してしまう患者さんも出てくるでしょう。今後、団塊世代が高齢を迎えると、ますます死亡者が増えてしまう可能性があります。それを防ぐためにも、病理医の存在は非常に重要になるのです。しかしその病理医が不足しているわけですから「深刻化している」といわれているのでしょう。

病理医不足を防ぐにはどうしたら良いのか。各病院が積極的に病理医を募集する必要があります。日本病理学会では、サマーセミナーやパンフレットなどを用いて病理医の魅力をPRしており、近年ではSNSなどを通して活発に発言している医師も増えています。またバラエティ番組に出演する病理医もいます。病理医を増やすためには、「認知度」が非常に重要になります。多くの人に病理医の存在を知ってもらうことで病理医に興味を持ってもらい、病理医を増やすというシステムです。最近は病理医をテーマにした漫画や実写ドラマなどにより以前よりも病理医を知る人が増えています。それでもまだまだ人数は少ないのが現状ですが、将来的にはその数も安定する可能性はゼロとは言い切れません。ですから、病理医不足を解決するためには積極的に行動していくことが何よりも求められることでしょう。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.