病理医の研修は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の研修は?

病理医の研修は?

病理医になるためには、研修が欠かせません。医師免許を持っていれば病理医になることはできますが、免許を取得しているだけでは残念ながら病理医になることは不可能。さまざまな条件をクリアして、ようやく病理医として働くことができるようになります。要するに、病理医は専門医なのです。医師免許を取得したあと、2年間の研修を受けるのはどの医師も同じですが、病理医の場合、そのあと4年間の専門研修が必要になります。また、病理医として認められるためには年に1回行われる認定試験を合格しなければいけません。その受験資格を得られるのが、前述した2年間の臨床研修と4年間の専門医研修になるわけです。病理医になるまでの期間を考えると、最短でも約7年。それも医学部を卒業し、6年間の研修を受けたのち晴れて病理医になれるわけですから、最短とはいえ道のりは決してラクではないでしょう。

病理医として認められるための認定試験は、日本病理学会認定病理専門医および日本臨床細胞学会細胞診専門医の資格になります。手っ取り早いのが大学病院の病理部に入学することですが、すでに医師免許を取得している方は臨床研修と専門医研修を受けることになるでしょう。ですから、病理医は転職というよりも大学の時点で選択することで早くから活躍できるというわけです。もちろん、転職でも十分活躍できますのでまずは研修を受けることを目標にしましょう。

研修の主な内容は、医学部卒業→カリキュラムに沿って基本診療科目を研修→専門医研修カリキュラムに従って外科病理診断や細胞診などの知識や技能を学ぶ、という流れになります。2年間の研修は、いわゆる「初期臨床研修」です。各病院で研修医の募集が行われていますが、病理科がある病院なら応募することで病理医としての研修をしっかり受けることができます。2年間の研修を終えると、専門医研修のスタートです。そのあと、大学または一般病院へと移りますが、一般病院ではもちろん病理専門医研修認定施設や登録施設でなければいけません。大学では、研究と専門医研修の両立ができる大学院・学位取得または多くの症例を経験できる大学病院病理診断科を選択することになります。そのあと、病理専門医試験を受け、合格すると病理医としての資格を取得できます。

そのあとも、病理医として活躍すれば指導医や指導責任者になることもできますし、開業や海外で活躍することもできるでしょう。まずは、研修を受けることが第一になります。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.