病理医の当直は?

病理医の医師転職TOP >> 病理医に関するよくある質問 >> 病理医の当直は?

病理医の当直は?

病理医に当直はあるのでしょうか?結論からいいますと、ありません。基本的に病理医には当直はなく、診療に携わりながら患者さんの病気の原因や状態などを顕微鏡で診断していきます。組織や細胞などの診断がメインになるため、他科のように当直をすることはほぼないといって良いでしょう。医師というと患者さんを治療・手術することが仕事だと思われがちですが、病理医の場合、患者さんに直接関わることがないため治療や手術などを行うこともありません。そのため、定時に上がれることが多く、勤務時間も1日約7時間のところが多いのでしょう。ただ、病理医は地域や人数、作業量によって1日のタイムスケジュールは異なります。病理医自体は当直がなく土日休みなるのが基本ですが、やはり医療機関によっては土日も勤務しなければいけなくなることもありますし、仕事量が多く残業になることもあるでしょう。他科の医師に比べると時間は自由だといわれていても、場合によっては当直になることも否めません。とはいえ他科の医師、いわゆる臨床医とは時間の使い方が違いますので“基本的には”当直はないと考えておいて良いでしょう。

昨今は、女性の病理医も増えてきています。女性は結婚や出産などで休暇が必要になる場合があります。病理医は先にも述べたように勤務時間が決まっており土日休暇。また非常勤のほうが多いといわれていますから、家庭と仕事が両立できるのが特徴です。そのため、女性でも働きやすく女性病理医が増えてきているのでしょう。基本的に当直がないのも家庭がある女性にとっては助かります。ちなみに、病理医は顕微鏡を使って仕事をします。大げさにいうと顕微鏡さえあれば家でも仕事ができます。実際、自宅で病理医として働いている方もいます。そういったところも女性病理医が増えてきている理由なのでしょう。女優の芦田愛菜ちゃんも、将来は病理医になりたいといっているので、女性にとって有利になりやすい職種なのかもしれません。

このように、当直がないことで臨床医のような慌ただしさはないでしょう。自分のペースで仕事ができるのは大きなメリットです。もちろん仕事量や病理医の数によって“休みがない”といったことも起こりますが、臨床医とはまったく異なるので時間の使い方も病理医のほうがメリットが多いといえるでしょう。そのうえ専門性も高いですからキャリアアップにも適していますし、非常にやりがいを感じやすい職種です。

病理医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 病理医とは.com【病理医に関するFAQ集】 All Rights Reserved.